Newton(ニュートン)TLTソフト販売のうかるドットコム HOME > ラインナップ > 司法書士

司法書士とは?(Newton(ニュートン)TLTソフト 司法書士)

法律事務を業とする国家資格者(Newton(ニュートン)TLTソフト 司法書士)

司法書士法に基づき他人の依頼を受けて登記又は供託に関する手続きの代理及び裁判所・検察庁・法務局又は地方法務局に提出する書類の作成等の法律事務を業とする国家資格者またはその資格制度です。
Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような司法書士の資格取得をサポートいたします。

身近な法律の専門家(Newton(ニュートン)TLTソフト 司法書士)

司法書士は不動産登記の専門家と思われる事が多いようですが、実際の業務は多岐に渡っています。
裁判の手続きを通じて市民の身近におこる問題を支援してい ます。例えば、消費者金融などの借金問題、相続の問題、悪質商法による被害、知的障害者や高齢者の成年後見、不動産登記などで、身近な法律の専門家として 活躍しています。さらに認定司法書士は代理人として市民の代わりに訴訟や示談交渉まで行います。
資格の人気も高まっており、試験を目指す方も増えています。
Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような司法書士の資格取得をサポートいたします。

認定司法書士(Newton(ニュートン)TLTソフト 司法書士)

法務大臣から認可され、司法書士会の認定を受けた司法書士(認定司法書士といいます)は、140万円以下の事件(簡易裁判所で審理される事件)について、弁護士と同じ権限を有します。
Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような司法書士の資格取得をサポートいたします。

資格取得後(Newton(ニュートン)TLTソフト 司法書士)

独立開業はもちろん、司法書士事務所、行政書士事務所、社会保険労務士事務所、法律事務所、不動産会社への就職など多岐にわたって活躍できます。
Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような司法書士の資格取得をサポートいたします。

主な業務は(Newton(ニュートン)TLTソフト 司法書士)

法律事件の解決・書類作成業務・登記実務(Newton(ニュートン)TLTソフト )

街の法律家」と言われたりすることもあり、弁護士と比べるとより人々の生活に密接した存在の法律家と言えます。
■ 不動産の登記
■ 会社などの法人登記
■ 裁判所提出書類の作成
■ 裁判事務手続きに関する本人の支援
■ 簡易裁判所における訴訟代理
■ 成年後見
■ 負債整理     …等々

Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような司法書士の資格取得をサポートいたします。

簡易裁判所の訴訟代理他・裁判関係書類の作成

平成15年4月1日より司法書士は、簡易裁判所管轄事件の訴訟代理人として、弁護士と同じ裁判活動ができるようになりました(司法書士会が実施する研修修了が条件)。
その他、裁判所、検察庁、法務局などに提出する書類の作成を行うこともできます。
Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような司法書士の資格取得をサポートいたします。

登記実務(Newton(ニュートン)TLTソフト 司法書士)

司法書士は、土地や建物などの売買、相続、抵当権の設定や抹消などの不動産登記をはじめ会社・法人の設立や役員変更などの商業登記の申請書の作成や申請代理業務などを行います。
これらの登記関係が、司法書士の中心的な業務です。
Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような司法書士の資格取得をサポートいたします。

供託実務・その他(Newton(ニュートン)TLTソフト 司法書士)

何らかの紛争によって地代や家賃を受け取ってもらえない場合、弁済供託や供託物払渡手続きなどの代理を行います。また今後は、新制度である成年後見人として高齢者の財産管理業務も担当。高齢化社会に向け、活躍が期待されています。
Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような司法書士の資格取得をサポートいたします。

パソコンがあれば完全習熟を実現するTLTソフト

■スピード入力を可能にしたワンタッチ入力

  TLTの基本学習では,画面に表示される問題に,その「答」をキーで入力していきます。選択問題ではなく,答をキーで書き込むのです。
  たとえば「答」が〔法定地上権〕なら〔HO〕〔登記〕なら〔TO〕とキーで書き込むだけで,〔法定地上権〕〔登記〕と表示され,正解となります。要するに頭の一文字を入れるだけで,正誤の判定をします。これが学習スピードを10倍以上にも上げる「ワンタッチ入力システム」なのです。
  *〔債務者〕,〔債権者〕を区別する場合など,まれに2文字以上を入力することが必要な場合があります。

■最短,最効率のTLTソフトで完全習熟


  たとえば,民法総則は1部,2部,3部の章に分けて,それぞれ15,17,14の合計46のスモールステップに分割して1ステップずつ確実に習熟していきます。そして,そのステップの学習内容が100%習得するまでさまざまな場面と角度からトレーニングを繰り返します。

  こうして完全習熟に達したときシステム側ではそのステップを「合格」と認定して,次のステップに進むしくみで,1ステップずつ確実に習熟していくようにプログラム化しています。全科目合計871のステップをこうして制覇します。

■解答力を鍛える「アウトプット・トレーナー」

  実戦での合格点突破を最重視して徹底的にアウトプット力を鍛錬するため問題演習とトレーニングを増強した科目別総演習ソフト「アウトプット・トレーナー」を新たにお届けします。TLTの習熟完了番号が表示された科目からアウトプット・トレーナーで順次学習し,合格への解答力を万全なものにします。


■書式試験できちんと正答するための十分な「書式添削」

  司法書士試験で不合格になる理由でいちばん多いのが,書式に失敗したときといわれています。書式で確実に正答するための条件として,民法,商法・会社法,不動産登記法,商業登記法を,「ネット確認テスト」で完全習熟していることが条件となります。これらの科目に不安が残る人では,書式添削をいくらやっても合格点を確実にクリアすることは困難になります。

  これらの基礎的条件が完備された方を対象に,書式添削を4回分用意しています。これ以上の回数を重ねてもほとんど効果はなく,その4回分でほとんどすべての方が合格点をクリアすることができると考えています。

  書式添削の完了をもってほぼ確実に司法書士試験の合格を手にすることを確信しています。

  このように,「ネット確認テスト」での全科目「合格番号」と「ネット合格確認総合模擬試験」での「合格番号」に加え,「ネット書式添削」の受講により,合格保証制度の適用となります。なお,このテストを受けるにはインターネット環境が必要です。

■「ネット確認テスト」で合格点突破を確認

  科目別の「ネット確認テスト」で95点以上または85点以上2回連続正答率のとき「合格点到達・確認テスト」における合格番号が表示され,その科目の合格点到達を認定します。この番号は受講生固有のものです。

  この確認テストはTLTソフトで習熟したことのみの範囲から出題しますから十中八九全問正答できます。
  また,ある科目が得意科目なら,TLTソフトでのその科目の習熟学習をスキップすることができます。

  すべての科目の「確認テスト」を受験して合格点到達認定の合格番号を取得すれば合格保証制度の適用を受けることができます。ただし,テストは各科目とも5回に限定されていますからかなりの自信が必要です。

  このように全科目にわたり合格点到達を認定する合格番号が表示されると,ほぼ司法書士試験は合格圏内に入ったといえます。

■「合格点突破・確認のネット総合模擬試験」で合格点到達

  それでも本試験で難問題が混在するとたちまち混乱してしまうことがあります。そこでいよいよ合格へのシミュレーションです。
  出題内容はTLTソフトで完全習熟した事項や問題が80%,その応用発展問題が10 %,そして超難問が10%の配分とした本番同等の模擬試験です。 80%以上の正答率を連続2回または90%以上の正答率1回で,合格点到達を認定する合格番号を表示します。
  これで2009年度本試験では,ほぼ確実に合格点を突破する実力がついたことを意味します。


■以上のプログラムを完了して本試験に不合格のとき「全額返金」

  合格保証制度とは,司法書士本試験前日までに科目別の合格点到達・確認テストの「合格番号」,さらに合格確認総合模擬試験の「合格番号」と受験票の写し等をNewtonに報告され,実際に受験して,万一,不合格となったとき,弊社にお支払いになった司法書士TLTソフトの費用全額を返還するものです。適用の対象年度はコースにより異なりますのでよくご確認ください。
  この合格保証制度を準備することが可能になったのは,日米両特許を取得しているTLTソフトの習熟度管理システムと,だれにも完全習熟を強制的に実行させるTLTソフトのしくみによるものです。

合格保証システム 不合格になれば「全額返還」

合格保証制度は,対象年度の司法書士本試験前日までに科目別の合格点到達・確認テストの「合格番号」,さらに合格確認模擬試験の「最終合格番号」と受験票の写し等をNewtonに報告され,実際に受験して,万一,不合格となったとき,Newtonにお支払いになった司法書士TLTソフトの費用全額を返還するものです。

詳細はこちら

Newton(ニュートン)TLTソフト 司法書士の料金

・CD-ROM版 2010年受験用 司法書士TLT【655時間 最速総合版】
一括払 152,000円(合格保証有)
一括払 114,000円(合格保証無)

  ※従来の短期合格講座に比べ、アウトプットトレーニングに特化した教材になっています。

Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような司法書士の資格取得をサポートいたします。

Newton(ニュートン)TLTソフト ご購入はこちらから

 

Newton(ニュートン)TLTソフト 購入はこちらから

Newton(ニュートン)
TLTソフト販売の
うかるドットコム

〒610-1102
京都市西京区御陵大枝山町5-22-13
TEL 075-335-5553
FAX 075-335-5550