Newton(ニュートン)TLTソフト販売のうかるドットコム HOME > ラインナップ > 宅建(宅地建物取引主任者)

宅地建物取引主任者とは?(Newton(ニュートン)TLTソフト)

ニーズの高い人気の資格(Newton(ニュートン)TLTソフト)

宅地建物取引主任者(以下、宅建主任者)は、宅地建物の取引の専門家として、トラブルを防止し、公正かつ円滑な宅地建物の取引を図るという社会的に重要な役割を担います。
宅地建物取引業を行うには、従業員5人につき専任の宅建主任者を1人設置しなくてはいけません。
宅建主任者がいなければ、宅地建物取引業を行うための免許も取り消されてしまいます。
ゆえに不動産業において、ニーズの高い人気の資格です。
Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような宅建(宅地建物取引主任者)の資格取得をサポートいたします。

ステップアップのために(Newton(ニュートン)TLTソフト)

学習する上で大きな比重をしめるのが民法を中心とする「権利関係」です。民法は、司法書士や不動産鑑定士といったほかの資格試験においても重要な科目です。
宅建の勉強でマスターしておけば、こういった上級資格の勉強をする上で非常に役立ちます。
Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような宅建(宅地建物取引主任者)の資格取得をサポートいたします。

主な業務は(Newton(ニュートン)TLTソフト)

■物件に関する重要事項の説明 :不動産の賃貸借や売買の契約の前に、必ずその物件に関する重要な情報、例えば、物件の所在地や売主(貸主)、用途、電気・ガス・水道の 整備状況等を当事者に説明します。

■契約書への記名・押印 :重要事項の説明で、当事者がその内容に納得すれば契約締結となります。
契約書の内容を確認し、記名・押印をします。

■重要事項説明書への記名・押印 :重要事項の説明にあわせ、重要事項の内容が記載された『重要事項説明書』に記名・押印し交付します。

Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような宅建(宅地建物取引主任者)の資格取得をサポートいたします。

具体的な宅建業者の仕事(Newton(ニュートン)TLTソフト)

■不動産の売買・交換を自ら行うこと。・・・自己所有の土地の分譲や、大規模マンションを建設し顧客に直接販売するケース

■不動産の賃貸借を代理・媒介すること。・・・いわゆる「大家さん」から空き部屋の入居者探すよう依頼され、顧客を紹介する「仲介」

■不動産の売買・交換を代理・媒介すること。・・・不動産の売主や買主から売買を依頼され、 相手方を探して契約を締結する、いわゆる「仲介」

Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような宅建(宅地建物取引主任者)の資格取得をサポートいたします。

宅建(宅地建物取引主任者)2009年度版の料金

・CD-ROM版 販売は終了しました。  

Newton(ニュートン)TLTソフト 購入はこちらから

Newton(ニュートン)
TLTソフト販売の
うかるドットコム

〒610-1102
京都市西京区御陵大枝山町5-22-13
TEL 075-335-5553
FAX 075-335-5550