Newton(ニュートン)TLTソフト販売のうかるドットコム HOME > ラインナップ > 財務諸表論

税理士とは?(Newton(ニュートン)TLTソフト)

税務に関するスペシャリスト(Newton(ニュートン)TLTソフト)

企業や個人経営者の依頼を受け、所得税や法人税等の税務に関して申告を代理したり、書類作成や税務相談に応じ会計帳簿の代行をするのが税理士の主な職務です。
税金関係の法律は、所得税法をはじめよく改正されるため、正確で迅速な税務処理を行う上で税理士の存在は不可欠です。
また経営の相談役としての役割も 求められ、社会的な地位と収入が得られる職業です。
Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような財務諸表論の資格取得をサポートいたします。

税理士と公認会計士の違い(Newton(ニュートン)TLTソフト)

税理士とは税務に関する専門家で、法人税・所得税など税金の申告の代行業務や税務書類の作成及びその作成に当たっての相談を受ける業務が中心です。 一方、公認会計士は監査業務・※MAS業務並びに限られた範囲であれば、公認会計士資格のままで税理士業務を行うことができますが(ただし、国税局長の許 可が必要となります)、税理士業務全般を行うには、税理士登録が必要となります。
公認会計士には、税理士となる資格が与えられますが、税理士には会計士業 務は認められていません。

※MAS業務:MAS業務(Management Advisory Service)とは、企業から依頼された各種の経営上の問題点に対する有効な助言、指導を行うことをいいます。
経営診断による改善策の提案の他、システム設計・実地指導・社員の教育など。

Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような財務諸表論の資格取得をサポートいたします。

主な業務は(Newton(ニュートン)TLTソフト)

税務代理
税務官公署(国税不服審判所を含む。)に対する税法や行政不服審査法の規定に基づく申告、申請、請求、不服申立てなど税務調査や処分に対する主張について 代理、代行すること。税理士は、税務代理をする場合においては、依頼者から委任状をいただき、税務官公署に提出しなければなりません。 税務調査の立会も重要な仕事です。

税務書類の作成
税務官公署に提出する申告書や申請書等の書類を作成すること。

税務相談
税務官公署に対する申告や主張、陳述、申告書等の作成に関し、租税の課税標準等の計算に関する事項について相談に応ずること。

会計業務
税理士業務に付随して、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行その他財務に関する事務を行う。

租税に関する訴訟の補佐人
租税に関する訴訟において訴訟代理人(弁護士)とともに出頭・陳述し、納税者を 支援します。

Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような財務諸表論の資格取得をサポートいたします。

Newton(ニュートン)TLTソフト 財務諸表論の料金

・CD-ROM版    販売は終了しました。
           

Newton(ニュートン)TLTソフトはこのような財務諸表論の資格取得をサポートいたします。

Newton(ニュートン)TLTソフト 購入はこちらから

Newton(ニュートン)
TLTソフト販売の
うかるドットコム

〒610-1102
京都市西京区御陵大枝山町5-22-13
TEL 075-335-5553
FAX 075-335-5550